痛いの?医療レーザーで永久脱毛!

そもそも医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛と、サロンでのフラッシュ脱毛は根本的な構造はほぼ同じです。肌のうえから毛根まで届くビームを照射します。しかし、一番の違いは機械のビームの威力。サロンでのフラッシュ脱毛は、毛の生え変わる元になる細胞を「刺激」する程度のビームの威力です。一方、医療レーザー脱毛は、毛の生え変わる元の細胞を「破壊」する威力があります。細胞の破壊は医療行為になるため、レーザー脱毛はクリニックなどの医療機関での施術になるのです。強い威力のビームだからこそ、ワキやアンダーヘアなどの太くて濃い毛が密集している箇所でも、短期間で脱毛施術を完了することができます。しかし、ビームの威力が強いからこそ、心配なのは痛みです。

痛みに弱い方はカウンセリングで伝えて

サロンでのフラッシュ脱毛の痛みは、輪ゴムでパチっと弾かれるような痛みがあります。もちろん、痛みの感じ方は個人差が大きいもの。そのため、ほとんど痛みを感じない方もいれば、かなり痛みを感じてしまう人もいるのです。一般的に、フラッシュ脱毛よりもビームの威力の強いレーザー脱毛の方が、痛みを感じやすい傾向にあります。しかし、痛みを我慢してまで施術に堪える必要はありません。スタッフに伝えれば、ビームの威力を調整してくれます。また、痛みに弱い方には塗るタイプや貼るタイプの部分麻酔をして施術してくれるクリニックもあるのです。また、痛みを脳が感じにくくなるよう、笑気ガスを利用しているクリニックもあります。心配なら施術前のカウンセリングでしっかり相談することがおすすめです。